トップページ > プロフィール
ごあいさつ

  衆議院選挙初挑戦から早や2年が経ちます。今日まで頑張れて来れましたのも地元高槻・島本のみなさまの変わらぬ温かいご支援のお蔭です。心より御礼申し上げます。

  私の生涯の使命である人間の命を守る-医療を始め社会保障制度の発展的改革と治安・防災・国防など、広い意味での安全保障の整備の必要性を訴えて参りましたが、今まさにそれらは日本の国の最重要で急を要する課題です。厳しい国際情勢の中で即応力が求められる日本の舵取りと、ふるさと高槻・島本の発展のため安心して任せられる政治、医師の診察のように優しく丁寧で人の痛みのわかる政治を目指して、更なる精進を重ねて参ります。
今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

  末尾になりましたが、重ねて平素のご支援にお礼申し上げますとともに、益々のご健勝をご祈念致します。

     平成二十七年一月吉日

衆議院議員
自民党大阪府第10区衆議院選挙区支部

大隈和英
命を救う 命をはぐくむ 命をささえる
職歴
おおくま和英

平成10年、大阪大学医学部附属病院 第一外科・小児外科で研修医としてスタート。

第一外科学教室入局(現、心臓血管外科学講座) 以降、国立呉病院・中国地方がんセンター 外科、心臓血管外科、KKR大手前病院 外科、宝塚市立病院 呼吸器外科、大阪警察病院 外科などを経て、高槻市での乳がん検診と乳腺外科診療に従事。

己を犠牲にして、早朝も深夜も一生懸命に真剣勝負のプロェッショナルに囲まれ、厳しくも温かいご指導を頂いたのは一生の宝です。 しかし一番の師は、今まで出会った全ての患者さんであることは間違いありません。皆様、いつまでもお元気でいて下さい。
学歴
函館ラ・サール高校卒(北海道)、聖マリアンナ医科大学医学部医学科卒(神奈川県)、京都大学大学院医学研究科医療経済学教室博士課程在学中

17,18歳の時に、やはり法学部と医学部で最後まで迷ったのですが、決心してから始めた数学と物理には本当に泣かされました!今でも古典・漢文・世界史・日本史・英語が大好きです。
賞罰
関東医歯薬獣大学サッカーリーグ1部優勝(副主将)、東日本医学部体育大会サッカー競技準優勝、全日本医学部体育大会サッカー競技準優勝
医学部サッカー学科とまで言われた、体育会の厳しいサッカー部で肉体・精神・肝臓・礼儀を徹底的に鍛えられました。
資格・学会認定
日本外科学会指導医・専門医・認定医
JBCTがん治療認定医機構暫定教育医・認定医
日本乳癌学会認定医、精中委マンモグラフィー読影医資格認定「A」評価 など
所属学会
日本外科学会、日本癌治療学会、日本乳癌学会、日本消化器外科学会、日本内視鏡外科学会、日本乳癌検診学会、日本医療病院管理学会ほか
趣味
趣味のサッカー
サッカー、旅行、美術鑑賞
サッカーは、プレイは年1回のOB試合のみ出場…走れない。
観戦は、ワールドカップ予選は1985年から欠かさず応援。旅行は長崎の五島列島をはじめ、魚とお酒の美味しいところ!美術はなんでも好きですが、この数年は唐津焼の粉引。書道を始めてみたいと思っていますが忙しくて中々。
家族
兄弟
既婚。両親と三人兄弟(姉兄)の末っ子として育つ。

愛読書
「坂の上の雲」・「竜馬が行く」司馬遼太郎、「リツ子その愛・その死」檀一雄、
「アルケミスト」パウロ・コエーリョ、「万葉集」など

熱くなる歴史小説、前向きになる本が基本的に好きです。やはり本はエネルギー源ですから。医者も政治家も言葉(言霊)ってすごく大切です。自分の思考を表現する以上に、相手への思いやりが問われる。うーんいつも反省ばかり!
ページトップ